【MEX金沢2021開催中止】 出展を予定しておりました「Form 3L」「FUNMAT 」「SOLIDWORKS」をご紹介いたします。

公開日
e.watanabe

    この度、2021年5月20日(木)~22日(土)に開催を予定しておりました「MEX金沢2021」が、新型コロナウイルス感染症の拡大にともない、中止となりました。

    弊社ブースへご来場を予定されていた皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。ここで出展を予定しておりました「Form 3L」「FUNMAT HT」、3D CAD「SOLIDWORKS」に関しまして、ご紹介させていただきます。

    Form 3L

    今光造形機で注目集めている、「Form 3L」をご紹介します。

    3月に発売されたばかりの新製品!光造形機「Form 3」の大型機です。

    なんと造形サイズ:33.5x20x33cm!新造形方式LFSを導入し、より高精度、高精彩な安定したプリントを実現しました。「Form 3L」は、Form3と比較し約5倍の造形ボリュームを造形できます。

    弊社ブースで公開予定だった動画をご紹介いたします。

    「Form 3L」紹介動画

    FUNMAT シリーズ」

    100万円以下で買える、スーパーエンプラの造形が可能な3Dプリンター「FUNMAT HT Enhanced」は、ノズル温度450℃、チャンバー温度90℃を搭載しています。

    標準の材料PLAから、PEEKやPEI等のスーパーエンプラまでプリントが可能です。また、反りやすいABS材料も安定したプリントが実現できます。

    産業用2ヘッド3Dプリンター「FUNMAT PRO 410」は、MAX500℃まで加温できる「ノズルヘッド」の開発により、スーパーエンプラの印刷がより安定して出力が可能です。

    2ヘッドなので、サポート材の使用が可能で、2021年4月に発売された、スーパーエンプラ用サポート材「SP5000」使えば、PEEK、PEEK-CF、PEI、PPSIの造形も、サポート材除去の手間が少なくより簡単にきれいに仕上げ作業が可能になりました。

    3次元CAD 「SOLIDWORKS Premium」

    「SOLIDWORKS」は、業界シェアNo.1の3次元CADで、工作機械や産業機器、家電、工業デザイン、電子機器、精密機器など幅広い製品設計で利用されています。

    最新版(SOLIDWORKS2021)のCADとCAE(解析)のご導入のご検討や、現在のシステムでのお困りごとなどがございましたら、お気軽にご相談ください。

    次回「MEX金沢2022」は2022年5月に開催予定だそうです。来年は皆様とお会いできますように…

    お問い合わせはこちらから

    弊社では3Dプリンター全般のサービスを行っております。スーパーエンプラの造形にご興味のある方、また、大型光造形機「Form 3L」や、デュアルヘッド3Dプリンター「FUNMAT PRO 410」のご購入を検討されていらっしゃる方など、皆様のご相談を承っております。お気軽に問い合わせください。